未分類

成長を続ける仮想通貨!経済学者にも理解不能な世界

投稿日:

仮想通貨の相場といえば、2017年後半から2018年前半に向けての急騰場面を思い出す人も多いのではないでしょうか。
複数ある仮想通貨銘柄の中でも、とりわけビットコインの値動きに対して熱い視線が注がれることになりました。

最近でも、ビットコインが一時期700万円の大台を突破したのは記憶に新しいところですが、2018年当時も急速に値を上げて300万円を突破。このようなビットコインの激しい値動きなどが話題を集めることになり、仮想通貨投資を始める人が増えたことも事実です。

日本人のみならず、ビットコインをめぐっては自らの言動に後悔している人の数が増え続けています。なぜなら、結果論とはなりますが2012年当時のビットコインの価格はわずか10ドルにも満たないほどの低価格だったからです。
そのビットコインはもはや日本円にして300万円以上のところで安定して推移しています。
「もし、2012年に大量買いしてたら?」と思うのも当然のことではないでしょうか。ビットコインを始めとした仮想通貨ブームがここまで長きにわたって続くという予想ができる人は、正直言ってごく僅かでした。あくまでも、一過性の現象に過ぎず、半年間も経てばブームが終わるという見方が大勢を占めていたのです。

紆余曲折はありながらも、ここまで仮想通貨が繁栄してきたのはブロックチェーン技術の進化によるところが大きいといえます。
インターネット社会がますます成長する上でもブロックチェーン技術の果たす役割は大きく、その伸び代の大きさには期待が寄せられています。

「なぜ、ビットコインを買うことができなかったのか?」と自分を責める人も少なくないはずです。ノーベル経済学賞受賞者を始め、名だたる著名人たちですら現代のような仮想通貨マーケットの持続的成長を予測することすらできませんでした。

だとすれば、特別な知識や教養を持たない一般人がビットコインを購入することは至難の業と言わざるを得ません。
lineやツィッター、Facebookなどのソーシャルネットサービスなどで頻繁に見かけましたが、ビットコインの急騰相場を見て、慌てて購入するという人も少なくありませんでした。
世間では、いわゆる「億り人」と呼ばれる億万長者が続々と現れたことも記憶に新しいところです。しかしながら、一時期には日本円で300万円を越えていたビットコインも、一気に急落することになります。その後、含み損を抱えたまま今日に至る人も大勢います。

-未分類

Copyright© 【詐欺ではない!】赤澤天道のGoodニュース、サクッとプラスは稼げる!?口コミや評判は!?|株式会社ニュース , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.