未分類

仮想通貨の使い道

投稿日:

仮想通貨の存在は知っていても、どんな使い方ができるのかまでは分からないという人もいるでしょう。最もシンプルな使い方は、通貨として買い物の代金を支払ったり、ネットを通じて送金をするなどの使い方です。日本では、仮想通貨での支払いに対応したショップはまだそれほど多くありませんが、使える場面が増えればより便利な通貨として発展していくことになるでしょう。

そして、もう一つ代表的な使い道が投資です。購入した仮想通貨の価値が上がった時点で売却をすれば、売買差益を獲得することができます。現金とのトレード以外に、仮想通貨同士のトレードを行うことも可能です。そんな投資の方法として、もう一つ大きな注目を集めているのがNFTの購入です。

NFTとは、改竄できない唯一無二のデジタルコンテンツのことで、日本語では非代替性トークンという呼ばれ方をしています。デジタルアートやゲーム・動画など様々なデジタルコンテンツが、NFTという形で出品され、話題を集めています。そんなNFTの特徴が、仮想通貨の売買でも使われているブロックチェーン技術を使って取引を行うことです。ブロックチェーンを使うことが前提のため、NFTの購入には仮想通貨が必要となります。

購入したNFTは、転売をすることも可能です。価値が上がりそうなNFTを購入しておけば、将来的に大きな資産となる可能性があるため、投資としてNFTを活用する人が増えてきています。チャートを見ながら売買を繰り返すのは大変、もっと手軽に投資をしたいという場合は、仮想通貨を使ってNFTを購入することを検討してみると良いでしょう。

そんなNFTアートは、購入をするだけでなく、出品をすることもできるものです。デジタルアートや動画など、デジタルコンテンツを作ることが好きという人は、出品をしてみることで仮想通貨を得られる可能性があります。NFTは投資目的に売買されることが多いため、作品の出来やクオリティはそれほど関係なく売れることがあるものです。そのため、興味を持っているのであれば、出品を検討してみることがおすすめです。

ただ、NFTを購入したり出品をしたりするためには仮想通貨の口座とは別に、NFTマーケットプレイスへの登録も必要となります。そのため、通常の仮想通貨の売買よりも、少し手間がかかることになります。ただ、NFTアートの需要は右肩上がりで増えてきているので、興味を持っているのであれば仮想通貨の口座と一緒にNFTマーケットプレイスの用意もしておくと良いでしょう。

-未分類

Copyright© 【詐欺ではない!】赤澤天道のGoodニュース、サクッとプラスは稼げる!?口コミや評判は!?|株式会社ニュース , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.